個人再生でかかるおおよその費用【減額することができる手続き】

最新記事一覧

利息カットで完済不可能

男性

任意整理より減額効果大

債務整理で一番用いられている手続きは、任意整理です。裁判所を通さずに、債権者と交渉をして減額と利息カットをする手続きです。家族にも借金のことを内緒にでき、任意整理完了後は毎月5万円の返済となったら、弁護士に預けて弁護士が各債権者に振り分けで返済をしてくれるので、返済管理も楽になります。しかし、みんな任意整理を利用しているから自分も任意整理ができるとは限らないのです。任意整理ができる人は、利息カットして完済の目途が立つかたです。引き直し計算で過払い金を算出し減額、将来金利をカットしても3年または5年で完済の目途が立たない場合、任意整理を選択することはできないです。個人再生で検討をしていく必要があります。個人再生は借金を最大で10分の1まで減額できる手続きです。自己破産とは異なり、住宅を手放さなくてもいいメリットはありますが、手続きは複雑で提出する書類も多いので、弁護士に費用を払って手続きをしてもらうのが最適です。司法書士にも依頼することができますが、弁護士よりも費用は割安です。しかし、手伝うことができるのは書類の作成までです。裁判所への出廷は自分で行く必要があります。弁護士に依頼すると、30万円〜50万円の費用が相場となっています。さらに裁判所への個人再生申し立て費用が約20万円ほどかかります。個人再生の手続きには約4〜6ヶ月程かかります。減額された借金を返済完了すれば、残りの債務は免除されます。

Copyright© 2018 個人再生でかかるおおよその費用【減額することができる手続き】 All Rights Reserved.