個人再生でかかるおおよその費用【減額することができる手続き】

最新記事一覧

申立てにかかるお金

ジャッジガベル

法テラスの制度を利用

任意整理と異なり、個人再生は弁護士費用以外にも裁判所への申し立て費用がかかります。弁護士への費用は、着手金、成功報酬などがあります。トータルで40万円〜60万円程度は個人再生でお金がかかります。借金返済でお金が無い中で相談をしているのに弁護士費用が高いと個人再生をするのはやめようとなってしまいますが、個人再生を行うと借金が最大で5分の1まで減額をすることができます。そのため、弁債務整理も何もせずに返済を続けていくよりも弁護士費用を含めても個人再生をしたほうがやはり返済がだいぶ楽になるのです。法律事務所でも弁護士費用を分割払いや後払いに応じてくれます。しかし、着手金を出すだけでも難しい場合には法テラスの民事法律扶助制度を利用する方法があります。民事法律扶助制度とは、弁護士費用や裁判所への費用を捻出するのが難しい人のために国が援助をしてくれる制度です。弁護士に依頼してどのくらいのお金がかかるかで補助する金額も異なるので、普通に依頼をするよりも安い料金で依頼をすることができるのです。ただし、法テラスの民事法律扶助制度を利用するには所得制限がありますので、一定の所得以下であることが条件となります。また、あくまで国が立て替えてくれるという制度なので個人整理の手続き完了後に分割して返還をしていく必要があります。法テラスを利用するには、電話をして弁護士を紹介してもらうか、法テラスに登録している弁護士のところで申込みをする必要があります。

Copyright© 2018 個人再生でかかるおおよその費用【減額することができる手続き】 All Rights Reserved.