個人再生でかかるおおよその費用【減額することができる手続き】

最新記事一覧

強制力がある債務整理

握手

大幅に減額できる

債務整理の手続きで、任意整理と個人再生は共に借金を減額させることができる手続きです。比較的手早く手続きができるのは任意整理ですが、債権者と直接交渉をする、あくまで裁判外の手続きなので債権者が納得しなければ要求に応じなくてもいいわけで、交渉に失敗してしまうケースもあります。法的拘束力がありませんので、あくまで当事者同士の話し合いとなるのです。一方、個人再生は裁判所を介す手続きです。裁判所にて再生計画に認可が決定されれば法的拘束力が発生するので債権者はその再生計画案に従う必要があるのです。どのぐらい減額することができるかですが、借金総額、収入、財産状況によって異なります。最大で借金の額が5分の1、3000万円以上の借金は10分の1まで減額をすることができます。減額されるだけでなく、3年または5年で長期返済をしていくことができます。任意整理で手続きすると、利息制限法以下に引き直し計算後の金額までしか減額することができず、過払い金がないと減額効果はほぼありませんが、個人再生はそれ以上に減額ができます。個人再生ですが、手続きが複雑で準備する書類も多いため費用はかかりますが弁護士に依頼するのが一般的です。個人再生でどのぐらい費用がかかるかですが、小規模個人再生または給与所得者個人再生をするかでも費用が異なります。まずは、借金返済で困っている場合には相談費用無料な法律事務所で相談をすることです。

Copyright© 2018 個人再生でかかるおおよその費用【減額することができる手続き】 All Rights Reserved.